みんなでつくるタイムマシン

1964年とは前回の東京オリンピックが開催された年であり

首都高などが建設された「今の東京」の出発点の年です。

渋谷は昔から日本中のエネルギーを集め新しいものを生み出してきました。

そして今2020年に向けて世界中からのエネルギーを集め始めています。

そんな渋谷から 1964 TOKYO VRを作り始めます。

1964 TOKYO VR とは

あなたの押入れの中にあるアルバムに眠っている写真や、

企業が保存している写真からフォトグラメトリーという手法を通して、

三次元データを生成します。

一人でも多くの人の一枚一枚の写真から

「記憶の中の街並み」を最新テクノロジーで再現するプロジェクト

1964 Shibuya VR、1964 Tokyo VR が動き出します。

みんなでつくる

当時その場所で暮らし、働いていた〝みんな〟が、

写真と記憶を提供し、

本プロジェクトの趣旨に賛同する〝みんな〟が支援し、

新しい技術をもつ〝みんな〟が〝当時の街並み〟を立ち上げることで、

1964 TOKYO VR は発展していきます。

写真募集

“1964 TOKYO VR” Showcase

1964年*に撮影された写真から、

当時の街並みを再現する作業は今まさに進行中です。

当時の写真をより多く集めることができれば、

この街はよりはっきりとした輪郭となっていきます。

社団では、1964年から前後10年を含む、20年の間に、

渋谷を撮影した写真を募集しています。

写真から立ち上がる“記憶の街”

皆さまからご提供いただいた写真は

フォトグラメトリーという手法を通して、三次元化されます。

フォトグラメトリーは多視点の写真から立体を作り出す手法で、

多くの写真が集まれば集まるほど3DCGの精度が増していきます。

1964 TOKYO VRはみんなでつくるタイムマシンだ!

途中経過の紹介

お知らせ・イベント情報

サポーター・ボランティアについて

賛助会員募集のお知らせ

一般社団法人1964TOKYO VRは、過去の写真から「記憶の中の街並み」を最新のテクノロジーで再現するプロジェクトを推進するために設立されました。
多くの方々のご賛同を賜り、健全かつ着実な展開を図るため、活動を支援してくださる個人・団体の賛助会員を募集しております。 設立・活動趣旨をご理解賜り、皆様方の特段のご支援をお願い申し上げます。

会費及び特典に応じて、特別賛助会員と一般賛助会員があります。

法人特別賛助会員一般賛助会員
入会金100万円30万
年会費100万円以上30万以上
特 典進捗報告・クレジット掲載VR化するエリアを要望可 プロトタイプ閲覧・体験イベント招待進捗報告・クレジット掲載
個人特別賛助会員一般賛助会員
入会金10万円1万
年会費10万円以上1万以上
特 典進捗報告・クレジット掲載VR化するエリアを要望可 プロトタイプ閲覧・体験イベント招待進捗報告・クレジット掲載

賛助会員についてのお問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
supporter@1964tokyo-vr.org

テックサポーター募集のお知らせ

一般社団法人1964TOKYO VRでは、過去の写真から「記憶の中の街並み」を再現するプロセスに関わり、プロジェクトの発展を技術面から支えるテックサポーターを募集しております。

対象
- 3DCGソフトウェアの使用経験がある方
- または、現在勉強している学生の方

また 本プロジェクトへ参加希望のテック企業も広く募集しております。
詳細な作業内容・条件等に関してお問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
tech-supporter@1964tokyo-vr.org

ボランティア募集のお知らせ

一般社団法人1964TOKYO VRでは、日々の活動をサポートしていただけるボランティアスタッフを募集しております。

対象
- 本プロジェクトに興味をお持ちの方
詳細な作業内容に関してのお問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
volunteer@1964tokyo-vr.org

クレジット

特別賛助会員個人

萩本欽一

(入会順)

特別賛助会員法人

現在準備中

一般賛助会員個人

現在準備中

一般賛助会員法人

現在準備中

写真提供

東京急行電鉄株式会社
渋谷区郷土資料館
宮益坂町会
読売新聞社

(提供順)

技術協力

オートデスク

ドキュメント

伊部 玲王奈
佐々木 聖

リーガルアドバイザー

シティライツ法律事務所

テックサポーター

バンタンゲームアカデミー
畠宏
日向惇南
金子拓哉
佐村僚太
山本菜穂子
露﨑達也

デジタルハリウッド大学

仲條駿輔
太田一希
八百板竜介
片山俊汰
藤本悠誠
中野陽介

私たちについて

一般社団法人 1964TOKYO VR
過去の写真・画像を個人や法人から広く収集し、バーチャルリアリティの技術により都市の過去の街並みを再現し、都市の街並みの変遷とその素晴らしさを周知することを目的として設立しました。現代の3D技術により収集した街の写真をVR 化して公開し、プロジェクトに参加した人が実際に体験出来るように活動を行っていきます。

代表理事:土屋敏男, 齋藤精一

理 事:永田大輔

詳しい写真の投稿についてはこちら